MENU

税金の時効

 

税金には時効があります。税金の時効には、もらえる場合の時効と、支払う場合の時効があります。
もらえる税金というのは、還付金のことですが、還付金の申請を忘れていたという場合の時効は、3年ということになっています。
還付してもらえる税金があった場合には、修正申告書というものを税務署に提出することになります。
たとえば2006年に払って還付してもらえる税金があったのに、申告するのを忘れていたという場合には、2010年の4月15日までに、申告すれば、還付してもらえます。
それ以降は期限切れということになり、税金の還付はありません。

 

 

では逆に税金を支払う場合に、支払わなかった場合の時効はあるのかということについてですが、納税しなければいけなかった場合には、期限を過ぎてから3年以内ということになっています。収入の25%以上申告していなかった人の時効は6年ということになっています。
もしも税金を申告する必要があったのに、申告していなかった場合には脱税ということになり、これに時効はありません。
また嘘の申告をした場合にも税金の時効はないので注意しましょう。
自分は税金を申告する必要はなかったと思っていて、過ごしていた時に、何年後かに、税金を支払う請求の手紙が来る場合などには、時効はありませんので納税しなければいけません。タックスリターンをしていれば、時効が成立することになるので、少額の場合でも申告した方がいいでしょう。
この様に、税金には、時効がありますので、納税期限とともに確認しておきましょう。

税金の滞納

 

税金には納めるまでの期限が決められています。もしも税金の滞納をしてしまった場合には、税金に加算税が加えられますし、場合によっては、財産の差し押さえという状況になるケースもあります。税金の一部や、税金すべてについて、納付期限を過ぎても納税できなかったという場合には、延滞税が加えられることになります。この延滞税というのは、基本的には、納付期限を過ぎてから完納下までの日数によって年率が計算されることになっています。納期を過ぎた翌日から2か月後までの場合には4.4パーセントの税率が適用になりますし、2か月を超えると14.6%の税率が課税されます。
もしも100万円の所得税を滞納しているという場合には、期限の翌日から、感応するまでに半年かかってしまった場合には、100万円×年率の14.6%掛ける法定期限までの日数の180日÷365日ということになり、延滞税が、何と72000円もかかってしまうという計算です。100万円の延滞している税金に加えて、72000円足した額を払うことになるので注意しましょう。
税金を滞納している時でも、届け出をした上で、延納する許可が下りたという場合には、円納税額に年率の7.3をかけて、延納日数をさらに掛けて365で割った額が利子税として支払うことになります。
他にも、納付しなければいけない期限内に払ったのですが、税務調査をして、おさめた金額では少なかったという場合には、過少申告加算税というものが課せられます。

税金の計算

 

税金の計算は一般の家庭で自分で行うとなると、難しいと思います。税金の計算と言えば本来ならば税理士さんの管轄の域でもありますが、最近は色々な税金の計算を手軽にインターネット上で行うことができたり、見ることができるようになりました。支払わなくてはいけない税金というのは色々とあります。例えば家庭によっては自営業のご家庭もあると思います。その場合には確定申告をしなければいけませんから、自分で税金の計算をしなければいけないことになっています。その場合にはインターネット上で税金の計算を、必要事項を入力するだけで、手軽に出来るサイトもありますし、税金計算ソフトなどもありますので、利用してみるとスムーズに計算することが可能です。
税金の計算については、種類によって違っていますから、何の税金を計算するのか把握した上で利用するといいでしょう。株などの投資をしている人に関しては、株の税金計算方法なども必要になってくると思います。素人にとっては、税金の計算はとても難しいと感じる人も多いかもしれません。
もしもわからなくなった場合には、税務署に問い合わせしてみたり、実際に税務署へ訪れると、わかりやすく指導してくれると思います。確定申告の場合も、やり方や計算方法がわからない場合には、税務署の無料相談会などに参加したりすると、教えてもらえますので利用しましょう。
税金の計算方法は慣れてくればわかるようになりますが、慣れるまでは、勉強をしたり聞いたりするのがいいでしょう。